視力について

目のピント合わせは、目の中でレンズの役割をする水晶体で行います。その水晶体を厚くしたり薄くしたりと調節しているのが、「毛様体筋」と言う筋肉です。勉強や読書などの近くを見る作業で緊張しているのはこの毛様体筋で、酷使しても疲れを感じませんが、視力低下や肩こり、頭痛などの症状として現れることも少なくありません。

また、近くをずっと見つめると「寄り目の」の状態になります。眉間に指を近づけて見ると寄り目になるのと同じです。この状態も恒久化してしまうと、目線のズレや毛様体筋の過剰な緊張につながります。

特に幼少期の筋肉は非常に柔軟性が高く、数センチ先までピントを合わせられます。だから、子供は必要以上に近くで本を読んだり、ゲームをしたり出来るのです。
しかし、それを長時間続けていると、近くを見た状態に目の筋肉が順応してしまい、遠くが見えにくくなってきます。さらに恒久化することで「近視」になるのです。
恒久化する前の段階、いわゆる調節緊張(仮性近視)の段階で、出来るだけ早期に遠方視トレーニングすることが非常に重要です。

子供は柔軟性が高く、近くにも遠くにも順応しやすいので、日常生活では必要以上に近くで物を見ないようにし、勉強や携帯、ゲームなどをした後は、WOC-i Proで毛様体筋のコリをほぐす習慣をつけましょう。

筋肉の柔軟な幼少期に、トレーニングすることが非常に重要です

毛様体筋がこり固まる

イラスト:毛様体筋がこり固まる

ピントの調整がうまくいかなくなり、遠くが見えにくくなります。子供の場合は、一時的に視力が低下する「仮性近視」の原因にもなります。

寄り目がちになる

イラスト:寄り目がちになる

寄り目が長時間続き視線が平行に戻らなくなると、毛様体筋が過度に緊張して疲れやすかったり、両目で物を正しく捉えにくくなったりします。